ドラマ大好き

主にアジア(華流)ドラマの感想と、簡単なあらすじを書いています。ネタバレを含みますので、ご注意ください。

最初的相遇,最后的别离 To Love

f:id:tyotto-manmaru:20210125213113j:plain
 f:id:tyotto-manmaru:20210114185447j:plain

 

林更新(ケニー・リン)さん、盖玥希さん、主演のサスペンス&ラブストーリーです。全40話。

 

林更新(ケニー・リン)さん、「步步惊心・宮廷女官 若曦」の十四皇子、「武神赵子龙・三国志趙雲伝~」「楚乔传・楚喬伝~いばらに咲く花~の二人」と日本上陸を果たしている時代・古装劇に出演されてます。

盖玥希さん、初めてお目にかかりました。新人さんではないようですが、まだこれからな女優さんですね。今ドラマでは色気が半端なかったです。

 

 

このドラマの簡単なあらすじは

 

季晓鸥(女主) はバスの中で突然失神した大学生 湛羽 を助けます。病院に運び、治療費を立て替えますが、次の日病院に行くと湛羽はいなくなっています。

後日、医者の父親に頼まれて難病の患者の家に行くと、湛羽と再会します。難病の母を抱えて苦しい生活をしていることを知った季晓鸥は自分のやっているカフェで働いてお金を返すことを提案します。

季晓鸥の優しさに甘えることにした湛羽はカフェで働き始めます。

元麻薬捜査官の  严谨(男主) は警察を辞め、レストランを経営しているのですが、兄と慕う警察時代の親友 程睿敏 の手先となり大きな麻薬組織に近づき潜入捜査をしています。

湛羽がその組織の売人と突き止め追っていた严谨は、湛羽に近づき情報を得るため、季晓鸥につきまとうことにします。

初めてあった時から季晓鸥に好感を持っていた严谨は、麻薬取引の情報を得る仕事をしながらも、本気で季晓鸥を口説き始めます。

こうして、麻薬組織の逮捕をかけての捜査と季晓鸥と严谨のラブラインが始まって行きます。

 

サスペンスで、犯人は誰?というミステリー要素もあるのですが、その謎はわりと分かりやすい演出でしたので、あまり隠さずそこに(しっかり)触れて感想を書くことに・・・ですので、ミステリー要素を知りたくない方は続きは回避してください。 

 

 

 

 

前半が麻薬組織の逮捕、中盤が殺されてしまう湛羽の犯人捜査、そしてこの二つが、严谨が警察を辞めるきっかけになった事件へと後半繋がっていきます。

 

このドラマの私の一番は

 

物語の鍵を握る重要人物になっていく 湛羽 の悲しい生き方です。

 

湛羽くん、とても優秀なバイオリン奏者で将来を期待されている若者なのです。

でも、父は薬物中毒者でお金を全て吸い上げ、暴力的という典型的なダメ男で、家庭を必死で支えていた母親は難病に罹り、この治療費が莫大にかかってしまうという追い詰められた生活から売人になるという道を歩んでいるのです。

季晓鸥に救われ、严谨が自分の正体を明かし、内部の情報屋として自分と一緒に働くなら売人としての経歴をなし(軽く?かな)にしてくれる条件で警察に協力してからは人生をやり直そうとするのですが、お母さんにさらに癌が見つかりさらなる大金が必要になってしまいます。

すぐに用意しないといけないとなり、季晓鸥が必死でお金を集めてくれるのですが足りず、严谨(とてもお金持ち)に借りるのには、季晓鸥の事が好きになっているのでプライドが邪魔して出来ず、手術費のために警察を裏切る選択をしてしまうのです。

この裏切りがとても重大で、そこまでの結果を想像出来ていなかった湛羽くんは打ちのめされることになってしまうのですが・・・

この前半の严谨・季晓鸥・湛羽の関係が見応えがありました。

严谨が潜入捜査中なのに本気で季晓鸥に惚れてしまったがために、捜査にかなりの混乱が生まれ、巻き込まれた季晓鸥も被害にあいとても傷つく結果に、これが严谨の正体を知っても湛羽には許せないのですが、この湛羽の気持ちが、とても伝わりました。

严谨のほうもかなり危うい立ち位置での綱渡りなので、湛羽に対して終始キツイ接し方なんですよ、だから信頼関係が築けない、そんな中で取引の日が来てしまい・・・

と展開的にもドキドキしたのですが、

選べない環境のために、闇に落ちて行く湛羽の生き方がとても、とても悲しかったです。

華流ドラマのサスペンス、ミステリーものも、たくさんいい作品を見れるようになり、うれしい限りなのですが、選択肢のない環境から犯罪にいたる動機の原因が医療費という物をよく目にします。そしてそれを見るたびに思う。中国の医療費高いなと。

アメリカも高いとはよく耳にしますが(盲腸で100万とか)、中国ドラマで出てくる医療費も高い。今ドラマでも胃がん(?正確ではないかも)の手術に20万元(約300万ぐらいですかね)をすぐ用意できないと手術の日程が組めないとか・・・。これ実際はこんなことはないのですかね?もちろん保険とかあると思いますけど、急に言われたら家も困るなと考えてしまいます・・・。

 

主役のラブラインは終始严谨に振り回され続ける季晓鸥に、湛羽ではなくても、同情が隠し切れない(私はこんな男は絶対やだな、と言い切れますが、どうでしょう?そこが魅力的?)。そして振り回された結果、逆プロポーズするシーンがあるのですが、

そこで、季晓鸥が歌う主題曲でもある、「我愿意」が良かったです。

盖玥希さんが歌われていると思うのですが、綺麗で色っぽくて素敵なお声でした。後半はエンディングでも流れますし、ドラマの中で严谨も歌いますが、季晓鸥の歌う「我愿意」が一番でした。

 

サスペンスよりラブストーリー重視に仕上がっていたと思いますが、ラストの展開まで目が離せないドラマでした。

 

 

 

                (画像:出典 百度百科)