ドラマ大好き

主にアジア(華流)ドラマの感想と、簡単なあらすじを書いています。ネタバレを含みますので、ご注意ください。

神医大人别撩我  My Fairy Doctor + 拜托,快结婚吧  Please, Be Married

 

『神医大人别撩我  My Fairy Doctor』

 

陈怡馨( チェン・イーシン)さん、朱旻昕さん 主演のタイムトラベルもののショートドラマです。全34話(一話5分程度)。

 

朱旻昕さん、「酒店实习生」を視聴しました。役柄をチェックして「ああ、この役」と役は思い出したものの、役者さんの方は覚えてませんでしたね・・・。

陈怡馨( チェン・イーシン)さん、「私の隣人は不眠症 / 我的邻居睡不着」「ロマンスは結婚の後で / 只是结婚的关系」を視聴しました。「私の~」は女主でしたね~。懐かしい。静止(ポスター)と動画(ドラマの中)と同じ人に見えないんですよね~この方(私だけかな)。

 

あらすじと分けずに感想を書かせていただきます。

 

このドラマの私の一番は

 

ショートドラマもあっという間にクオリティが高くなって!、です。

 

若い皆さんが一生懸命低予算で作りました、という初々しい感じがすっかりなくなり、脚本も役者も背景も美術ももう普通のドラマと変わらん、という驚き。この作品以外にも本格古装ものも見ているんですが、もう衣装とかもすごくて、あっという間にショートドラマという枠が実験的な作品から、本格作品へ昇格してしまったような。

私としてはもうちょっとB級感を楽しみたかったんですが。

 

歴史はあるが、経営難になってしまっている、漢方専門医の稼業をいやいや手伝っている 唐杞子。ある日、昔の物が置いてある倉庫のような部屋で転ぶと、昔の漢服を着た男性  唐勤简 が突然目の前に現れます。

驚く 唐杞子ですが、冷静な 唐勤简 は「お前の腕輪と私の玉牌がつながっていて私は呼び起された。私たちは夫婦になる」と言うのです。

まったく、信じられない 唐杞子ですが、2メートル(?違ったかも)以上は離れることができなくて行動を一緒にする羽目になってしまいます。

と、ドタバタコメディとなっていて。

腕輪に召喚された方の 唐勤简が自分の置かれた状況を理解していて冷静なのが良かった。自分の家を出てあこがれの人と留学したい 唐杞子があれこれ周りを気にして胡麻化すのを空気を読まずにぶち壊していく展開が可愛く、真面目で冷静な神医が、お金を稼ぐために路上メイクをしたり、生配信に出て人気が出るというのも面白く。

唐杞子ちゃんは元気少女で、あまり中国医学を真剣に学んでなくていい加減な診療をしていたんですが、一緒にいるうちにちゃんと勉強し始めて。

お互いに惹かれ合っていくんですが、意地を張って素直になれないうちに、唐勤简が現代にいるためには・・・と。

ストーリーは王道の定番ですが、ショートドラマとして展開もスピーディーでとても面白かったです。

いや~1年ぐらいでレベルアップがすごいです。

 


 

『拜托,快结婚吧  Please, Be Married』

 

胡家豪さん、曹璐さん(百度百科の方では写真もドラマページに紹介がなく、お名前で調べた 曹璐さんのページの写真と劇中の方がいっしょかどうか私には判断できなかった。お年も1987年生まれと、「えっ」という驚きしかなく、ちょっと女主がこの方で正しいのか分かりません、スイマセン)主演の恋愛ドラマです。全30話(一話10分程度)

胡家豪さん、「谢谢让我遇见你」に出演していたようなのですが、覚えていませんで、失礼ながら初めてお会いしたようなものです。

 

このドラマの私の一番は

 

そう、これがショートドラマだったよね?、です。

 

昨年2021年に公開になった作品で(配信元を変えて改めて配信されている感じなのだと思うのですが)、「そう、ちょっと前までこれがショートドラマだったよね」という感慨に浸りながら視聴しました。

アイドルオーディション番組に出演中の 叶弦歌 は、誰かに嵌められスキャンダルをSNSで配信され、そのせいでマスコミに追われたため、急病で倒れた父親の搬送が遅れ、父親が亡くなってしまうという、急展開から始まっていきます。

そして、事務所にも見切られ、失意でアパートに帰ると暴漢に拉致され部屋が火事になってしまう(もう、次々に襲ってくる急展開に目が離せない←10分内に詰め込んできます)。

そこに男の子が急に現れます。

この男の子が実は未来から来た息子なんです。

そして、息子の助言を受け、父親である(叶弦歌はそこはもちろん知らない)芸能事務所の社長 苏沐宸 に会いに行き、何とか 苏沐宸の事務所に入ります。

と、未来から来た息子5歳が両親の仲を取り持つという、可愛い展開に目が離せません。

叶弦歌は、苏沐宸の事務所に移りオーディションにもそのまま出演できるようになるのですが、意地悪ライバルにこれでもかと嫌がらせをされ続けるのも、目が離せない。

子供を通して急速に惹かれ合う二人なんですが、 苏沐宸には両親の不仲によるトラウマがあって不安障害があり恋愛には踏み切れない、というラブラインからも目が離せません。

何より、二人の息子 安安が可愛すぎる、そして良い子過ぎる。

そんな安安がどうなるか気になりすぎて、目が離せませんでした(笑)。

ラストも 「どうなってしまうの 安安」というシーンで、to be continued・・・でした。

第二季もぜひ再配信していただきたいと思っとります。

 

 

                    (画像出典 百度百科)

KinnPorsche The Series   รักโคตรร้ายสุดท้ายโคตรรัก

 

『 KinnPorsche The Series   รักโคตรร้ายสุดท้ายโคตรรัก』 ★4

 

Phakphum Romsaithong(Mile)・パークプーム・ロムサイトーン(マイル)さん、Nattawin Wattanagitiphat(Apo)・ナタウィン・ワッタナキティパット(アポー)さん 主演のバイオレンスラブロマンスです。全14話。

 

両主演俳優さんともはじめてお目にかかりました。ちょっと調べましたが、両俳優さんともこのドラマが俳優デビューだと思われます。

 

 

このドラマの簡単なあらすじは

 

両親を幼い頃に亡くし、弟を育てるためバーテンの仕事やファイトクラブの様なところで賭け試合をしてお金を稼いでいる(テコンドーの有段者?) 大学生の ポルシェ。

ある日、バーの仕事の帰りに追われている男 キン を助けます。

キンはマフィアの跡取りなのですが、身体能力の高い ポルシェが気に入り(父親の助言もあり)無理やり(お金と弟で脅迫)自分のボディーガードにします。

ボディガードとして本家に入ったものの、ポルシェはまったくやる気になれず、気の抜けた行動からいろいろな問題を起こします。その問題がもとで、キンのボディガードから、長男 テーンクンのボディガードに鞍替えさせられてしまいます。

初めは自分に厳しかった キンから離れられ喜んでいる ポルシェですが キンが自分をかばって色々手を尽くしてくれたことを知り、彼を見直すようになっていきます。

こうして暴力だけでなく、死を身近に感じるマフィアの世界になじめないながらも、そこで生きているキンに惹かれ初め、キンを守るためその世界に染まっていくポルシェ。

本家と分家が絡んだお家騒動と、ポルシェの両親の死の真相が絡み合いながら、キンとポルシェの熱い恋愛模様が展開されて行きます。

 

 

このドラマの私の一番は

 

キンとポルシェの愛です。

 

こちらのドラマ、配信が決まってからとても注目が高かった作品で、とにかくYouTubeさんから連日推されまして。でも、ちゃんと視聴する気だったので、長い予告は見たもののその他の映像は見ないようにしていたんです(かなり必死で自制しました←自分に乾杯)。

そんなこんなで、全編配信が完了した後、u-nextさんに入りまして。ちょっと遅れて視聴しました。

予告のアダルトでセクシーなラブシーンはもちろんなこと、バイオレンスな世界観とアクションと、とても良かった。

アクションシーンでは、敵から逃げて山をさまよった二人が崖を飛び移るのに失敗したシーンがあるのですが、そのメイキング映像を見てその体当たりの様子に、驚いたり、感心したり(視聴後、色々あさりました)。

でも何といっても、私はキンとポルシェの純愛に心打たれました。

激しいラブシーンが話題だったのですが(確かに露出が多いですし、激しいのですが)どのシーンもとても綺麗でした。

そう思わせてくれるラブラインだったです。

ちょっと気に入らない出会いから、お互いを知って惹かれ合い、心の葛藤があれど自分の気持ちを自覚する。

愛のカタチの一つの方法が身体の繋がりだとちゃんと表現されていたと思います。

酔ってキスとか、欲望を抑えきれなくて一線を越えてしまったりという出来事もあるのですが・・・これも初めから惹かれ合っていた二人の間の事故だと。

(ただ、日ごろから多くの恋愛ドラマを見ていて思うのですが、酔った状態のキスシーンが多すぎるなと・・・画面に向かって酒に吞まれるのは良くないっと叫んでます。後、酔いたいときは一人で飲んじゃダメっ。それと、自分の飲むものから目を離さない。酔いたい時は親友と家呑みを‼と)

恋人同士になってから、普通のデートを(お互いにただのデートをしたことなかった)楽しむ二人の様子はとても可愛かったですし、ポルシェの両親の死に、キンの父親が絡んでいるかもという事実が分かった後も、キンはポルシェの気持ちに寄り添おうとしますし、ポルシェは復讐を手放そうとします。

マフィアのお家事情は置いて、キンを選び一緒に戦うポルシェがカッコよかったです(真面目なシーンにもちょいちょい下ネタぶっこんでくるとこも、クスっとなります)。

主役カップルに魅せられた私ですが、その他のサブカップルのラブラインも魅力満載でした。お好みがあると思いますが、私のベストカップルはポルシェの弟 ポーシェー とキンの弟 キムです。

もう、キム役のジェフ・サター(ジェフ)さんの歌声にノックアウト。

ポーシェーくんのピュアな恋がもう強力でしたね、こんな風に慕われて無下にできる人はいない。この二人の恋は本編では実ってはいませんでしたが、私の中では完全に実りました。(最後にキムがポーシェーに送った歌を何度聞いたことか。Official MV「Why Don't You Stay」もぜひお聞きください。ピアノ弾き語りが・・・良すぎます)

 

肌色の多いラブシーンが苦手な方、暴力シーンの苦手な方はご覧にならないほうがいいと思いますが、素敵な大人のラブロマンスでした。

 

 

 

             (画像出典 @BeOnCloudOfficia)

寵妃の秘密3〜時空を結ぶ運命の約束〜  双世宠妃Ⅲ The Eternal Love Ⅲ

 

『寵妃の秘密3〜時空を結ぶ運命の約束〜  双世宠妃Ⅲ The Eternal Love Ⅲ』★3

 

邢昭林 (シン・ジャオリン)さん、梁洁(リャン・ジェイ)さん、主演の古装ラブファンタジーです。全30話。

 

邢昭林 (シン・ジャオリン)さん、「寵妃の秘密~私の中の二人の妃~ / 双世宠妃」「寵妃の秘密2~愛は時空を超えて~ / 双世宠妃2」「强风吹拂」「愛しい僕のラッキーガール / 世界欠我一个初恋」「キュート・プログラマー / 程序员那么可爱」を視聴しました。役が好みではないのですが、私は現代劇のお姿の方が好き、でも、古装ものが多いイメージですね。

梁洁(リャン・ジェイ)さん、「寵妃の秘密~私の中の二人の妃~ / 双世宠妃」「寵妃の秘密2~愛は時空を超えて~ / 双世宠妃Ⅱ」「シンデレラが嘘をついたらダメですか / 不说谎恋人」「变成你的那一天」「热血神探」を視聴しました。ただいま久々の武侠もの「飞狐外传」を観てますが、完走までいけるかな?と思いつつ・・・。

 

 

こちらのあらすじは簡単に

 

曲小檀 は 东岳の皇帝になった 墨连城 と子供と幸せに暮らしています。ただ、子供の 墨允煜 はかなりのやんちゃ坊主で子育ては想像以上に大変で、皇帝の仕事ばかりで子育てに非協力的な(まあ、皇帝なのでね)城城 に怒りをぶつけています。

そんなある日、またまた不安定になった镇魂珠のせいで、別の平行世界に飛ばされてしまいます。

东岳国二公主として目覚めた 曲小檀ですが、この世界は男女逆転の世界だったのです。早速、墨连城を探すのですが、出会った 墨连城には別世界の記憶がなくなっているのです。

でも、何かの拍子に記憶の戻る 城城と元の世界に戻るため、曲小檀が持ち前のゴキブリのようなしぶとさで頑張るお話です。

(詳しいあらすじは、日本の公式配信サイトで詳しくは確認してください)

 

 

このドラマの私の一番は

 

最終版の 女帝の陰謀に心つかまれました、です。

 

実はこのドラマ、腾讯视频さんで配信が始まった時に8話ぐらいまで見て、そのままになってしまっていたんですよね。

1・2に続きコミカルな展開で、あいかわらず 小檀は怖いもの知らずで生き生きとしていて可愛かったのですが、配信待ってたら他のドラマに気をとられて・・・。

ですので、また改めて一話から見直したんです。

1・2に引き続いて可愛く、コミカルな展開から、後半残り10話ぐらいで、小檀にそっくりな女帝の真の目的が分かってくる・・・という展開なんですが。

ここまで、可愛いんだけど、ドラマ展開が平坦すぎて、ちょっと気持ちが乗らなかったんですよね。

初めの、墨连城の魂がコロコロ現れてはキスして消える、というシーンは面白く可愛かったんですが・・・(もうちょっとキスするの我慢しよっ、と仲良しカップルに突っ込み続けました)。この理由もわからないまま、この世界の記憶のない 墨连城と恋をやり直すという展開になったんですが、ここがちょっと長かったかな・・・(主役カップル二人の相性が抜群なので、可愛く見れちゃうんですけどね)。

結局 镇魂珠ってどうなったのかな?という気持ちになった20話ぐらいから話がドラマ展開してきて、面白くなりました。

お兄さんの  墨言忱(方逸伦さんが演じられてたんですが)が良かった。

元々この世界の 曲檀儿と恋人同士だったんです。でも死んでしまった所に 小檀の魂が入ってきて、性格が変わってしまい戸惑うんですが、「事故の後、記憶をなくした」という話を信じて、弟の 墨连城と同時に二人で嫁ぐことになっても文句も言わず、じっと心を殺しているんです。

結局、墨连城と思いが通じた 小檀に離婚を言い渡され、曲檀儿の意地悪姉さん  曲眉儿と結婚することになってしまう。そして、曲眉儿が  墨言忱を好きすぎるあまりに、曲檀儿憎しと殺してしまった事実を知るんですね。

この時の行動が素敵でした。

ずっと、人格が変わってしまった小檀の行動にも耐えて、耐えていただけに(なかなかにひどいからね、小檀)闇落ち確定かしら?と思っていたのに。「私が憎いでしょ、仇を取りなさい」と熱い思いのたけを告白しながら、ナイフを渡し迫ってくる 曲眉儿の前で、自分の胸にそのナイフを刺して、

「あなたの愛は重過ぎる。全部返します」

このセリフかっこ良かった~。こんなこと言われたらきつい、曲眉儿さんに刺さりまくるよね、と。

そして、ラストは父の敵討ちに身を投じていく・・・すごく優しくて強い、一本筋の通った 墨言忱さん、素敵でした。

中盤まで 小檀と城城の恋のやり直し的な展開だったので、女帝と小檀の二役がなぜ?って感じだったんですが、やはりこの終盤で「ああ、そういうこと」という理由が明らかになります。

そこからの、女帝の非道っぷりが良かったです。

 

最後はちゃんと元の世界に戻れて、ハッピーエンド。

镇魂珠の力を引き継いだ息子の 墨允煜くんの力が目覚めての終わりとなってました。今度は息子くんが、新たなパラレルワールドへ行けそうだね、と思ったラストでした。

 

 

                     (画像出典 百度百科)

F4 Thailand  หัวใจรักสี่ดวงดาว  BOYS OVER FLOWERS

 

『F4 Thailand  หัวใจรักสี่ดวงดาว  BOYS OVER FLOWERS 』 ★4

 

ワチラウィット・チワアリー(ブライト)さん(道明寺司)、ジラワット・スティワニッチャサック(デュー)さん(花沢類)、メータウィン・オーパッイアムカジョーン(ウィン)さん(西門総二郎)、ヒランクリット・チャンカム(ナニ)さん(美作あきら)、トンタワン・タンティウェーチャクン(トゥ)さん(牧野つくし)、主演の学園ドラマです。「花より男子」タイバージョンです。

 

ブライトさん、ウィンさん、「2getherシリーズ」を視聴しました。とにかくBLジャンルのすばらしさに気が付かせてくれた作品ですね~。ハマりましたね~。

デューさんは今作がデビュー作品です。

ナニさんも今作デビュー。

トゥさんも今作デビューですね。

 

皆さんご存じの「花男」ですので(←大丈夫ですよね?)、あらすじは割愛させて頂きます。

 

私は「マーガレット」連載当時から花男を愛読してまして、連載当時は繰り返される、つくしと道明寺の恋のごちゃごちゃにもう、最後の記憶喪失のくだりは腹いっぱいと思って読んでいましたが・・・(「ドラゴンボール」の魔人ブウも連載時はもうおなかいっぱいだと思っていましたが)

これがですね、少し間をおいて完結したコミックを一気読みしますと、その繰り返されるくどさといいますか、連載時には分からなかった良さがじわじわ来るんです。

私はかなりの少女漫画好きだという自覚がございますが(未だに卒業してませんし)「花男」と「イタkiss」は特別ですね。

そんな「花男」のドラマは、日本、台湾、(中国は視聴できませんが)、韓国、そしてタイ、もう本当に嬉しい!に尽きますね。

このタイの「花男」は16話。

台湾、韓国に比べると圧倒的に話数が少ないので(日本のドラマはシーズン1が9話。シーズン2が11話と映画となりますので、タイが一番少ない)どのエピソードを選んでくるかな?と思って視聴しました(日本の「花男」は続編の制作が決まった時に好きなエピソードをファンに募集していたという記憶があります)。

 

ということで、

このドラマの私の一番は

 

とても良くまとまっていました、です。

 

16話でまとめるために、ターム(道明寺)とゴヤー(つくし)の恋vs母ロサリン(道明寺楓)との確執に重きが、そして意外にもF4の友情がとても素敵に織り込まれてました。

コンテストとか雪山遭難とかぶち込まれたら、大変だろうなと思っていたのですが、その辺りは綺麗にカットされていて、

赤札→いじめ→キック→類&静→雨待ちぼうけデート→桜子→類帰国→vsママ→茂→赤札復讐→同居ネックレス→vsママ再び→つくし失踪→記憶喪失。

と簡単にまとめるとこんな感じ。後、ガウィン(西門)の屋上メッセージはありました。

余分な葛藤を省いた形がこれっと言われたら「うん、うん」と納得してしまう形だったなと思いました。

タームは見どころ満載で実に道明寺でしたが、少し残念だったといえば、レン(花沢類)の魅力は見せ所が少なかった。レン演じる、デューさんがカッコよかっただけにちょっと物足りなかったし、勿体ないな~と。

こうして、各国の「花男」を見てきたわけですが、それぞれに魅力がございますが、やはり「花男」に限っては私は日本のドラマが一番好き。

F4はどの「花男」もとても魅力的、道明寺などは甲乙つけがたいぐらいにどの道明寺も魅力満載だし、類も西門さんも素敵(美作さんもね)。

なので、私の中の違いはやっぱりつくしちゃんですね。

井上真央さん演じるつくしが、とても好きなんですよね~。原作通りというか、馬鹿みたいにポジティブで、踏まれても立ち上がる雑草のような強さがしっかりしていて。

そして、

私が「花男」ドラマで楽しみにしているのが、道明寺ママ、道明寺楓様。大企業を支える女帝、おっそろしいあのママですが、各国のママの画像を載せさて頂きます。

台湾は流星花園2001も2018もママ画像が見つからず・・・

 

 

皆さん、カッコよくて、綺麗で怖くて、素敵。

 

 

明天请你喜欢我   See You Tomorrow + 我的纸片男友   My Paper Boyfriend

 

『明天请你喜欢我   See You Tomorrow』 ★4

 

陈名豪さん、姚童さん 主演のタイムリープの恋愛ドラマです。全24話(一話3分ほど)。

 

陈名豪さん、「惹不起的千岁大人」を視聴しました。男主2を演じてました。

姚童さんは、お初にお目にかかりました。

 

このドラマの簡単なあらすじは

 

4月30日に閉じ込められた 丁柠 が何度も何度も4月30日をやり直しながら、一目惚れした男性 萧烨 と恋人となるために色々する、というラブコメになってます。

 

このドラマの私の一番は

 

何度も24時間を繰り返すだけというドラマ展開です。

 

最終的に80回繰り返すのかな(?正確ではないかもですが、このくらい)、その間に丁柠がすることは、ただただ 萧烨を落とすことのみという。でもすごくショートドラマとしてバッチリな設定でした。

登場人物も5人(ほぼ)。丁柠と友人、丁柠の上司 林一鸣、萧烨と萧烨の元カノ。実は上司の 林一鸣さんも30日に閉じ込められてるんです。

社畜として仕事のことばかりだった 丁柠 が一目惚れした男性と出会った日を繰り返す事が分かった後、ただただその男性 萧烨と恋人になることだけに全てを注ぐという、でも時間は24時間なんですよ。

まず、名前を知る、そして好みのファッションは?と学び、趣味から人となりを学び、自分も同じ趣味があると装い、近づいていく。

印象的な言葉を残し、ストーキングして彼女と別れるとこを目撃したり。その甲斐あって何回も繰り返すうちにリサーチしたことをどんどん活かしていくんです。

これがまた、いや~24時間って色々出来るんだな、という気分にさせてくれるんです。

努力の甲斐があり、距離も近づき、いい雰囲気にもなり、何度も告白するんですが、萧烨はなかなかその場で「うん」とは言ってくれない(そりゃそうだ)。このあたりも、萧烨にしてみれば惹かれはしても、会ったばかりの女性に「好きです、付き合って」と言われて即答は出来ない感じが良かった~。

この距離を縮めてからの所で、今度はキスしたいと、あの手この手を(不意打ちね)使うのも微笑ましい。

その後、こき使われていた厳しかった上司 林一鸣が同じように30日に閉じ込められてることがわかるんですが、林一鸣さんは手堅く難しい資格とか取っちゃってるんですよね。えらい!。それで、「一日で忘れられるのに、そんなことに時間を使ってるのか?」と呆れられてしまう(確かに)。

でも、時計の針を動かすためには、この恋が成就することが条件なのでは?と思い協力していくのです。

 

ラストはそんな感じで時間が動き出すのね、という感じにはなりますがとても面白かったです。

24時間を繰り返す。私だったら何に使うかな~?と色々妄想が止まらかったドラマでした。

 

 

 

『我的纸片男友   My Paper Boyfriend』 ★3

 

陈丹妮さん、雷皓翔さん、主演のラブコメです。全24話(一話5分程度)。

 

雷皓翔さん、「江照黎明」にちょっと出演していたようですが、覚えてませんでした・・・スイマセン。役どころは分かったのですが・・・。

陈丹妮さんは、お初です。

 

このドラマの簡単なあらすじは

 

仕事は順調だけど、彼氏も出来ず、オタクなアラサー女子 吴御心 は飲み会の帰りに酔って、アニメキャラの等身大パネルにキスしたところ、なぜかそのパネルのキャラが現実に現れて・・・と。パネルから現れた漫画の男主 池江宅 とバタバタ同居しながら、惹かれ合っていくというお話です。

 

自分に肉体を与えてくれたということで、卵から孵った時に初めて見た人を親だと思う雛のように、吴御心に尽くす 池江宅。家事全般を器用にこなし、そのうちモデルとしも働き始めたり。

生活に愛情という潤いが足りてない、バリキャリ女子にワンコ系年下男子が甘々で尽くしてく。。。という、定番のテーマなのです。そこへ、新たなエッセンスとして、そのワンコが二次元の世界からやってきたとなるのですが・・・。

漫画の世界では夜にヒーローになって人助けをする、みたいな漫画らしいんですが、この 池江宅くんはそんなキャラは引き継いでないんですよね。

ただ、ただ、可愛い純粋な良い子。

まあ、パネルにダメージがあると本体にも同じようにダメージが出るというファンタジー要素はあるものの。

内容的には、漫画から出てきちゃった要素必要だったかな?とつい、思ってしまうお話でした。

そんな、それを言ったらおしまいよ、という突っ込みを忘れて観れば、癒し系年下男子との可愛い恋物語でした。

 

ラスト、突然 池江宅が消えてしまって(消えそうっていう振りはあります)、池江宅の姿の漫画家が、このお話を書いていた、というような展開で、to be continued・・・となるのですが、続編があるのかな?と。

 

 

 

                   (画像出典 百度百科)

苍兰诀 Love Between Fairy and Devil 

 

『苍兰诀 Love Between Fairy and Devil』 ★4

 

虞书欣(ユー・シューシン)さん、王鹤棣(ワン・ホーディ―)さん、主演の古装ラブファンタジーです。全36話。

 

虞书欣(ユー・シューシン)さん、「若様!私がお守りします / 少主且慢行」「月光変奏曲~君とつくる恋愛小説~ / 月光变奏曲」を視聴しました。前にも書いたんですけど、職場に彼女に本当に似ている知人がいまして、声もそっくりなんですよね。あの甘ったるい声、ドラマ視聴中は仕事に行って彼女に会うと、すごいイケメンと色々あるのに、仕事に来てえらいな~と、現実とドラマと妄想がごっちゃになって困りました(←私、ヤバイ状態)。

王鹤棣(ワン・ホーディ―)さん、「流星花园2018」を視聴しました。花男以来、他の出演者がガンガンドラマに出てるのに、何故道明寺は出てこないのか・・・と苦い思いをしていましたが、やっと、やっと、再びお会いできて感無量でした(←「将夜2」見てない私が悪いのですが。「理智派生活」がネトフリだったのも不運だった。でも、官鸿 さんや、梁靖康さんに比べて少ないことは確か。でも、今年は色々来ますね)

 

実は、私の愛用のPCの調子がスゴぶる悪く、この記事も無事投稿できるか不安な状態なんです・・・(本当はもうちょっと前にこの記事投稿する予定でした)。ドラマの視聴もストップしがちなんです・・・。

 

 

このドラマの簡単なあらすじは

 

華流古装ファンタジーですのでまず、その壮大な世界観から入ります。

天界では古代の秘術を習得した、月族の首領(皇帝)、 东方青苍 が、妖精族の水雲天に攻め込みます。その時、水雲天の戦神  赤地女子 が抗戦しますが戦況は悪く、 赤地女子は自らの命を使って、月族10万の兵を封印し 东方青苍 の力を削ります。水雲天の神たちは力が弱まった 东方青苍を何とか昊天塔に封印するのです。

三万年後、昊天塔の結界が弱まったので水雲天の帝君 云中君 は弟の戦神  长珩 と上級仙君とで封印を強化します。

长珩 に淡い恋心持つ司命殿の若い仙女 小兰花 はたまたま 长珩の司命の葉(運命の書)を見てしまい、长珩に悪いことが起こると知ります。长珩を助けるため昊天塔の近くで見守っていた 小兰花なのですが、长珩の危機に思わず飛び出してしまい、昊天塔に堕ちてしまいます。

落ちた場所で 小兰花は封印されている 东方青苍に会います。引き寄せられるように东方青苍にキスしてしまう 小兰花。次に目覚めると、そこには枯れた大きな木があります。欄の妖精である 小兰花は思わずその木に触り命を吹き込みます。また目覚めると今度は目の前に自分の姿があるのです。

驚く 小兰花ですが、目の前の冷たい高圧的な自分から身体と精神が入れ替わったと説明され、肉体が戻ったのでお前のその力で昊天塔を壊せと命令されます。でも、昊天塔に封じられていた犯罪者の言う事は聞かないと撥ねつけるのです。キスするとまた肉体が入れ替わると判断した 东方青苍はもう一度キスすることに成功し、昊天塔を逃げ出します。もう、小兰花が必要ではなくなった 东方青苍は殺そうとするのですが、小兰花の苦しみを共有してしまうのです。东方青苍の苦しむ隙に逃げ出した 小兰花は司命殿へ帰ります。

その後色々あり(強引な割愛、スイマセン)、赤地女子の運命の書をたまたま手に入れる 小兰花です。そして、东方青苍は、赤地女子を復活させないと、眠れる10万の月族を元に戻せないと知り、 小兰花につきまとうことに。赤地女子の運命の書の修復だけでなく、突如消えた息山神女の一族の古代の秘術により、お互いの感覚を共有してしまうことから、东方青苍は いやいやながらも 小兰花を守ることになります。

唯我独尊と君臨していた 东方青苍が小娘 小兰花のためにやったこのない努力をして 小兰花のお世話をしていく内に、感情のない 东方青苍に少しづつ感情が戻って行き・・・。

師匠である 司命 が突然いなくなってから孤独にくらしていた 小兰花もどんどん 东方青苍との距離が近づいて行きます。

この仇の一族同士となる二人の恋と、闇落ちして暗躍する赤地女子の徒弟 容昊が絡む、天界を揺るがす事件とのお話が始まって行きます・・・

 

 

このドラマの私の一番は

 

至高の存在 东方青苍 と天真爛漫、純粋無垢な 小兰花の恋のやり取りももちろんの事なのですが、闇落ち 容昊の師父への 強すぎる愛情と執着も。

 

主役カップルのラブラインはとても丁寧に描かれていて、古代の秘術の習得のために感情を父親に奪われ 孤高の存在として君臨していた 东方青苍が、小娘仙女 小兰花に愛情を抱いて行く姿が本当に愛おしい。

また、小兰花ちゃんが、本当に純粋で穢れを知らない仙女で。

華流ドラマの天界物、何本か見ましたが、天界も十分にドロドロです。しかも、偉い人はもれなく汚い事いしてくるしね。今回も 云中君 など、絶対悪い人だと(あの顔回りの金の飾りからも←偏見とも呼ばれる)思っていました。

まあ、人の世と変わりないわけですが、女主は純粋無垢に描かれていることが多いです(そして、隠れたり、封印された本性を持っていて、後半覚醒してきますね)。

その定説通りに 小兰花ちゃんが本当に可愛い子で、一生懸命で優しく単純で、东方青苍が惹かれて行くのがとても良く分かる。

そして、何より、东方青苍がカッコイイ。EP18で病にやつれ、乱れた髪のカッコいい事。もう、この东方青苍のたっぷりとした毛量の黒髪姿が本当にカッコ良くて、私はメロメロでした。

入れ替わった時の 东方青苍の可愛いのも良かったです。王鹤棣(ワン・ホーディ―)さん上手(配音ではありますが)。ただ女の子になっているのではなく、ちゃんと小兰花になってた。二人のコミカルなやり取り可愛かったな~。

二人の恋も後半は辛い展開になるんですが、この痛みを分かち合う二人の苦しみ、切なかったです。

そして、容昊さんの恋。

これ、恋というようなものでは軽い気も過ぎるほどの、深い愛情なんですよね。

行きつく果ても十分分かって選んだ闇の道。友人 长珩に「こんな方法で蘇ったと知って戦神が喜ぶはずない」と説得されるも、「もう一度会えるならその場で殺されてもいい」というほどのもの。

師父のためにしてきて事が酷かったので、もう一度師父と過ごす幸せな日々はつかの間の事だろうと思いながら・・・苦しい終幕へ向かって行きます。

 

何度見てもこの華流ドラマの古装ファンタジーは素晴らしい。壮大な世界観を映像と見せる技術も、背景美術も、衣装も・・・眼福に値しますね。

アメリカドラマの「ゲーム・オブ・スローンズ」「ロード・オブ・ザ・リング」(最近アマプラで新作ドラマが配信)もすごいのですが、ファンタジーのあの世界観に入り込めるって、本当にうれしい、とすごく思います。

華流ドラマは古装物も、時代物も衣装、小道具とかも凄いですし。和装文化を愛し、末永く残っていて欲しいと思っている私としましては羨ましい限りです。youtubeでドラマの美術や小物、衣装を用意しているメイキングなども見るのですが、もううっとりです。日本でももっともっと時代劇を制作してくれたらなぁ~。

 

 

 

                    (画像出典 百度百科)

成化十四年~都に咲く秘密~  成化十四年 The Sleuth of the Ming Dynasty

 

『成化十四年~都に咲く秘密~  成化十四年 The Sleuth of the Ming Dynasty』★4

 

官鸿(グアンホン)さん、傅孟柏(フー・モンボー)さん、刘耀元(リウ・ヤオユェン)さん 主演の探偵時代劇です。全48話。

 

官鸿(グアンホン)さん、「流星花園2018~花より男子~ / 流星花园2018」「マイ・ユニコーン・ガール/ 穿盔甲的少女」「玉昭令(ぎょくしょうれい) / 玉昭令第一季・第二季」「致勇敢的你」を視聴しました。いや、もう、可愛い俳優さん(←失礼かもしれませんが)です。

傅孟柏(フー・モンボー)さん、初めてお目にかかりました。こちらも台湾俳優さんですね。主演の他二方が配音なのですが、傅孟柏さんは原音のままで、またこの低くハスキーなお声が役に合っていて、私の心を鷲掴みでした~。

刘耀元(リウ・ヤオユェン)さん、「侠探简不知」を視聴しました。アイドル出身の俳優さんのようです。

 

 

このドラマのあらすじは

 

順天府で推官を務める 唐泛 が錦衣衛の 隋州 と妓楼で起こった不可解な殺人事件で知り合い、またその殺人事件の被害者が高官の息子だったため、皇帝直属の捜査機関の西廠 から捜査にやってきた 汪植 とも知り合い、三人でけん制をしながらも、事件を捜査していくことに・・・。

推理力は抜群だけど、体力がなく武術はからっきしダメな 唐泛と、武術に長け、観察力のすぐれた 隋州と、皇帝の信頼厚い宦官であり、宮廷の人脈に人一倍顔のきく 汪植が ただの殺人事件だけではなくその背後にある明朝の腐敗に関わる事件を解決していくという捜査ものになっています。

(こちらも、日本配信がされてますので、詳しくは公式サイトでご覧ください)

このドラマ、ジャッキー・チェンさんが初プロデュースした作品として話題でした。ジャッキー映画で育った私としましては、オープニングに「成龙」の文字を見つけて大いに感動しました。

 

このドラマの私の一番は

 

「三人寄れば文殊の知恵」の寄った三人が非凡だった、スペシャルバージョンです。

 

探偵談仕立てと言いましょうか、不可解な事件を解決していくお話ですので、探偵役がいるわけです。なので、基本はホームズのような突出した非凡な才をもつ人物がいるわけで、それが 唐泛なのですが、与えられた非凡の才は一つだけなんですよね。点でしかなかった物事を繋ぎ合わせ、線や面にしていくようなことのできる、推理力だけを持っているのです。

割と探偵さんは色んな能力を持ち合わせていると思うのですが、この物語に出てくる人物たちはそれぞれがそれぞれで秀でた能力を持っているのです。

主人公の 唐泛は推理し組み立てる力を、 隋州は優れた武術と経験で培った観察眼を、生き馬の目を抜く人ばかりが居る宮中で宦官として育った人心掌握に長けた 汪植とそれぞれが自分にないところを補い合うという探偵役になっていて。

そして、この三人の他に、記憶力が抜群の侍女 冬児と神医と言われる医者の 裴淮と出来る仲間が出てきます。

この一人では何もできない、という感じが私には新鮮でとても面白かったです。

唐泛は頭が良く、心根はキレイで志も清く高いのですが、全体的にはダメ男なんですよね。美食家ではあるけれど、自分では一切料理も出来ないし、面倒なことからはなるべく離れていたいと逃げ腰だし、背が高く、ヒョロっと薄い 官鸿さんがヘロヘロと演じられると、その立ち姿に何の威厳もなくて思わず笑ってしまう微笑ましさがあって。

その陽な 唐泛と、真逆の影な 隋州とのバディ感はとても良かった。

兵士として従軍中に辛い体験をした 隋州は、まさに武骨な武士。余計なことは一切語らず、淡々と仕事をこなす。でも正義感は人一倍強く、優しいけど、罪は罪、どんな理由があれど犯罪を犯したなら、法によって裁かれるべきだという、強い信念を持っている。

唐泛や 汪植と知り合い少し柔軟にもなりますが、固い真っすぐな人で、まったく笑わないその表情が、仲間が回りでワチャワチャしてるとふっと優しくなる、困ったふうに崩れるところにホロっとなりました。

唐泛の、 隋州や 友達の 朵儿拉が捕まった時に、助けたいけど上手くいかずバタバタ怒る姿や、人にあたるとても感情的な姿がスマートな探偵役とは違う、良さがあったドラマでした。

何よりの「ここいち」は、唐泛の女装です。

すごい、出来栄え。

EP31は必見です。可愛いの一言です。唐泛のままなんだけど、女の子に見えるとても自然な可愛らしさなんですよ~。今までドラマで(現代劇も合わせ)見たどんな女装より良かった~。

 

 

                   (画像出典 百度百科)