ドラマ大好き

主にアジア(華流)ドラマの感想と、簡単なあらすじを書いています。ネタバレを含みますので、ご注意ください。

Nitiman  นิติแมนแฟนวิศวะ

f:id:tyotto-manmaru:20210722195416j:plain

 

タナトーン・クアンケーオ(Jom)Thanathorn Khuankaewさん、ポールアン・ソンプラサート(Noh)Phouluang Thongpaseuthさん、主演の恋愛ドラマです。全10話。

 

Jomさん、Nohさん共に新人の俳優さんだと思います。(タイの俳優さんの紹介については間違いがあるかもしれないことを始めにお断りさせていただきます)

 

 

このドラマの簡単なあらすじは

 

工学部の大学生 Jin は付き合いはじめた彼女 Aim と別れます。

Jinは彼女ができてもいつも三か月もたないプレーボーイなのですが、Aimのことは本気だったのです。別れて落ち込んでいるとSNSでAimが BBomb という法学部の人気者と噂になっているのを見つけてしまいます。

本当かどうか確かめるために、渡したギアのブレスレット(タイBLでは重要アイテム、工学部学生の心にあるというギア⦅工学部を示す歯車のロゴ⦆。手作りアクセサリーもタイBLの必須アイテムですね)を返して欲しいとAimに会いに行きます。

Aimはわざとブレスレットの紐をハサミで切って持ってきて、「切れちゃったの」と二人の縁がなかったことをJinに思い知らせるような行動をとります。

Jinがギアを握りしめ思い出に浸っていると、BBombがやってきます(法学部の学食だから)。思わずBBombにケンカを売るJin。BBombはJinの八つ当たりを軽く受け止め、さらにJinを煽るのでした。

このことがあり、すっかりBBombを嫌うようになるJinでしたが、その後、何かと顔を合わせるようになる二人です。その度に怒りを表すJinですが、反対にBBombは気がある素振りを見せてきて・・・

と目障りな相手だったBBombの積極的な態度に、初めは頑なだったJinも心を動かされていきます。

 

 

このドラマの私の一番は

 

Jinの泣き顔です。

 

主役カップルの恋がどうなっていくのか?というのをじっくりと見るドラマで、派手派手しい事件が起きるでもなく、二人の関係性の変化をキュンとしながら見守る感じだったんですが。

Jinは今どきの大学生で女の子にモテたく、自分の見た目を気にし、八方美人で笑顔がかわいく(あざと感もあり)皆に可愛がられている男の子。

そのJinが、振られてから(Jinの方から別れを切り出しますが、振られた感の強い別れ)落ち込んでいる時期に何かと構ってくるBBomb。その距離感の近さから友人としてではない好意を意識し始めるJinなのです。

でも、自分に好意を寄せてくれる女の子が現れ、BBombの気持ちをあえて意識しないようにするんですが、BBombの優しい態度にその気持ちを無視できなくなって、自分の気持ちもわからくなって・・・とJinの気持ちは揺れ動いていきます。

このJinくんがBBombの前でどんどん可愛くなるんですね。

BBombのことが好きだという気持ち、でも付き合うまでは踏み切れない、BBombに気持ちをぶつけられ、困惑するが受け入れている自分もいる。

分からないながらもBBombに自分の気持ちをぶつけるJinの子供のような泣き顔が可愛かったです。

付き合うようになってからもよくJinくんは泣いちゃうんですが、モテるBBombに嫉妬して誤解して泣きながら怒ったり、反対に付き合っていることを公表してないことで不安を抱えているBBombが嫉妬してキレた時に、泣きじゃくる姿。

演技の初々しさもあるとはおもいますが、とにかくBBombに惚れてからのJinくんの態度が、とてもとてもキュートでした。

サブの恋もありますが、どれもみんなスローな展開で、可愛らしいドラマでした。

 

私がつい突っ込んでしまったお気にりシーンは

主役カップル二人が、両方とも足をケガして、松葉づえを使用しているシーン(これがしっかりたっぷりあるのです)。二人とも松葉づえ。何をするにも色々大変そうと、ツボでした(笑)。

 そして、ラストでの二人の恋に実は友人たちの多くが関わっていたという事実。こちらも、「えっ、こんなにみんな初めから関わっていたの?どこまでがAimの計画?」と驚きましたね。

 

欲を申せば、ラストにもう少しラブラブな二人が見たかったかな、と思いました。

放学别走  Don't Leave After School

f:id:tyotto-manmaru:20210719115834j:plain

 

李婷婷(リー・ティンティン)さん、姚弛さん、主演の青春ドラマです。全24話。

 

李婷婷(リー・ティンティン)さん、「僕は君の談判官 / 谈判官」を視聴しました。26歳でいらっしゃいますが、このドラマでは大人になった姿より、高校ジャージの方がしっくりくるなと。お若く見えますね。

姚弛さんは新人さんかな。ただいま配信中「你微笑时很美」に出演されています。こちらのドラマ、许凯(シュー・カイ)さん主演の e-sportsものなのですが、配信が始まった時はブロックがかかってまして、もう许凯(シュー・カイ)さんを無料で見ようとは虫がいいよね、と視聴を諦めていたのですが、ブロックが突然解除されまして、「やったー!」と15話まで視聴したら、再びブロックかかりました・・・そうよね、そうですよね。今の所視聴できている「千古玦尘」もいつブロックがかかるかとハラハラです(お願いテンセントさん、途中は止めて)。

 

 

このドラマの簡単なあらすじは

 

葬儀屋の娘  方学 は高考に1点足らず、三本ラインに入れず、浪人することに。浪人生を受け入れている学校に高4年生として編入します。

そこには色んな事情を抱えた浪人生たちが集まっていて・・・。

学校初っ端に排水口に落ちた靴を何とかしようとして(友達が薬品を持ってきた時点で嫌な予感しかしない見事なフラグ)、水道管を爆発させてしまう方学です。

そしてその後始末のため、使われていない校舎で勉強する羽目になってしまう高4生。原因を作った 方学は責められ、挙句に家業のことを持ち出され不吉だから関わるなとまで言われてしまいます。

怒ってくれる仲間をなだめ、 方学は自分のせいだから何とかする、と校長先生に直談判に行き、次のテストでクラス平均が500点を下回らなかったら撤回してくれる約束を取り付けます。

でも、もともと勉強の苦手な人が多い高4生たち。同じ浪人生だけど、大学の学部を変えたくて一本ラインの大学に受かったのにも関わらず浪人することにした 卫来 を高4教室に入れようとします(卫来はそんな事情で高3のクラスに編入する予定だった)。

色々手を尽くしますが(みかんをやったり、卫来が虫好きと聞きたくさんの虫を机に届けたり←もちろん虫たちは逃げ出します)卫来はうんとは言ってくれません。

そんなある日、バスケットコートで因縁をつけられている卫来を助ける方学です。このことが問題になり退学をする決心をするのですが、尹老师(後に担任になる先生)と話したことで辞めないことにします。そして、卫来も、助けてもらったこと、初めの排水口の爆発の原因が自分とぶつかった事で靴が汚れたことだと知り、心を動かされ高4教室に編入することに。

こうして、高4教室の面々の色んな事情が絡みながら、再度の高考にむけての一年が始まって行きます。

 

 

このドラマの私の一番は

 

勉強も大事だけど、青春も大事ですね。

 

頭がいいのに浪人してしまった生徒も数人いるのですが、基本は勉強が苦手な高4生。でもやはり社会にでるためや親の期待、将来の不安などがあるので必死に勉強と向き合います。

そんな高4生の仲間たちに次々問題がおこるのですが。。。

その一つ一つのエピソードがよかったです。

卫来は父親に黙って大学を辞めていて、進学し直すことは内緒なのです。でも、結局それがバレ、実家に連れ戻され監禁されてしまったり。

母親が高考の日に起こしてくれなったことで、高考を受けることが出来ず母親のことを信頼できなくなってしまった 成静。

その 成静に思いを寄せている情の熱い男 顾上。優しさからくる行動なのですが、考える前に身体が動いてしまう性格から困ったことに。

明るい5年生の二宝は大好きな憧れのお兄さんが事故で急死してしまう。

母親に内緒でモダンダンスをやっていた吴大猛は男らしくない自分に自信が持てず、悩み。

高3時代にテストの点数を改ざんした?(ちょっとよくわかってません)乔麦はそのことでずっと恐喝されていて、自責の念と恐喝の苦しさからどんどん追い詰められ。

そんな仲間たちの困難に方学は向き合っていきます。

そして卫来は方学の真っすぐさに惹かれ、何かと自分を助けてくれる卫来に方学も惹かれて・・・という淡いラブラインも。

学業ももちろん大事だけど、人を成長させるのは勉強だけではない、ほろ苦くも美しい(そしてちょっと照れくさい)学生という時代にしか感じられない青春が良かったです。

ラストは10年後の姿に。。。

濃密な一年を過ごし大学に入学に、そして社会へと出た方学と卫来。

自分の研究のため(考古学者)いつも忙しい卫来、就職して働いているがやりたい仕事はできず、上司からはセクハラ行為を受け疲れている方学。

夢を叶えたとしても、その先が楽しいだけのものではないという現実的な人生の続きが描かれてます。

成績の一番がすべての一番ではなく、大学入試は出発点ではあるが終点ではない。自分の人生を責任を持って歩いて行こう(という感じ?か)のメッセージと共に、お互いのことを思い合っている卫来と方学のインタビューが流れます。 

人生は長く良い事ばかりではないという終わりと、お互いを思い合っている二人の未来は絶対うまくいくだろうと、ほんわり思わせてくれる、ゆっくりとじわっとくるドラマでした。

 

 

                     (画像:出典 百度百科)

Theory of Love セオリー・オブ・ラブ + 特別編 + Our Skyy

f:id:tyotto-manmaru:20210716150054j:plain

 

アタパン・プーンサワット(ガン)さん、ジュンポン・アドゥンキッティポーン(オフ)さん、主演の恋愛ドラマです。全12話+ 特別編 スタンドバイミー + Our Skyy(オムニバスの中の一話)。

 

GMM四天王作品の最後の作品です。

「2gether」のブライト×ウィン、「SOTUS」のクリス×シントー、「Dark Blue Kiss」のテー×ニュウ、「Theory of Love」のオフ×ガン、と制覇させて頂きました。どの俳優さん達もGMMTVさんのこのドラマが切っ掛けでデビュー、または有名になった俳優さんです。

でも、アタパン・プーンサワット(ガン)さんは10歳から子役をしていらっしゃるとのことでみなさんよりちょっと芸歴が長いそうです。

GMMTVさんが、朝日テレビと業務提携(?違うかも?)を発表し、今日本では「GMMTV EXHIBITION in JAPAN」という展覧会が開かれていますね(まだ、大阪、名古屋はこれからみたいです。近くだったら行ってみたいわ~)。タイドラマ人気のすごさを実感できますね(タイ沼・・・さすが沼ね。底がない)。

 

 

あらすじ本当に簡単に

 

サード は映画専攻科に通う大学3年生。いつもトゥ、ボーン、カイという仲間といっしょに過ごしています。

4人でとても仲がいいのですが、サードは実は入学間もないころから カイ に惚れていてその気持ちを隠しているのです。

そんなサードの気持ちなど知らないカイは大学でも有名な遊び人で、可愛い女の子をみれば声をかけるのですがすぐに飽き、別れる時はサードを使ったりするひどい男なのです。

そんなカイに振り回され、いつも一人泣くことになる片思いに終止符を打つ決心をして、告白するサードですが・・・。

その告白に気づかずカイは彼女と別れたばかりの自分を慰めてくれたと勘違いします。もう告白するのも止め、諦めようとするサードでしたが、カイを好きなことをトゥに知られてしまいます。

そしてトゥは、応援するから頑張れ、と後押ししてくれるのです。

トゥの助けもあり同居生活が出来る様になったサードですが、カイは相変わらず女にだらしがなくて、気持ちを伝えるどころかかえって傷つくことに・・・

と親友という関係を壊して、二人が恋人になるまでが描かれています。

 

 

私のこのドラマの一番は

 

一途なサードの可愛さと強さ、です。

 

まず、とても素敵なサードくんがなぜカイに惚れたのか?と思わないではいられないほど、カイがサイテー男なんですよね。

女関係がサイテーなだけで、仲間には最高なのかと思いきや、親友としてのサードにもかなりサイテー男なんですよ。私はこんな友人は嫌だなと、いや友人にはならないだろうと思っちゃいましたよ。

もちろんいい所もあるのですが、前半のドラマの中ではあまりカイの良さが描かれてなくて、本当にひたむきなサードくんが可哀想で、可哀そうで・・・。

そして、サードの気持ちを知ったカイが、これからも親友のままでいたいと取った行動がですね・・・

恋愛ドラマの王道の冷たく突き放すという展開ではあるのですが、この行動をとられたら、親友としても無理ですよね・・・という行動でですね(私はとても無理だなと)。

すごい女好きですからね、それは悩みます。カイくんも彼女とすることをサードとするとイメトレにチャレンジしたり色々悩みます。

でも、悩んだ末の行動がひどかったため、サードもさすがに自分の気持ちを吹っ切ります。

親友としても微妙な空気感になってしまった二人、そして突き放されてやっとカイはサードへの気持ちを自覚するのですが。

この今度はカイがサードを追いかける展開になってからのサードくんの強さが、カッコよっかったです。

カイの酷いところも分かったうえで3年片思いをしていたんですよ。泣かされても泣かされても好きな気持ちが勝っていたのに、仲直りしたいカイを撥ねつけます。

それでもあきらめないカイの気持ちが最後はサードに届く・・・この展開が良かった。

じゃなきゃ、心配でたまりませんよね。

いや、女好き(浮気性)って治りませんからね。カイがただの軽い男から、人して成長して本当の愛を学べて本当によかったなと、思いました~。

恋人関係になってからは、しっかりもののサードがしっかり手綱を握って、カイが甘える関係に。でもカイも記念日とかはちゃんと押さえてて、サードを喜ばせる。

「スタンドバイミー」で5年のアニバーサリーでの指輪のプレゼントに涙するサードがとても綺麗でした(さすが、元プレーボーイ、押さえるとこちゃんと押さえてるわ~)。

 

こちら、原作が「2gether」の JittiRainさん。ちなみにこの前感想を載せさせていただいた「Fish upon the sky」もそうなのです。3作ともドラマではラブコメ要素の強い、純愛胸キュンドラマとなってますが、「2gether」の原作を読みましたからね。

原作ではサラタイはもう完全な大人カップルでしたので。

この2作も原作では違った一面をみせているのでしょうか?とちょっと原作が気になってしまいますね。

变成你的那一天 The Day of Becoming You

f:id:tyotto-manmaru:20210711201650j:plain

 

 张新成(チャン・シンチョン)さん、梁洁(リャン・ジェイ)さん主演の、入れ替わり物の、恋愛ドラマです。全26話。

 

张新成(チャン・シンチョン)さん、「冰糖炖雪梨」「家族の名のもとに / 以家人之名」を視聴しました。未視聴のものですが「大宋少年志」が日本上陸しています。演技の上手な若手俳優さんという印象です。

梁洁(リャン・ジェイ)さん、「寵妃の秘密~私の中の二人の妃~1・2  / 双世宠妃Ⅰ・Ⅱ」「不说谎恋人」を視聴しました。今現在「双世宠妃Ⅲ」「雁归西窗月」と今作の三本のドラマが配信中です。今年、もう一本配信予定らしいので、すごいですね。「双世宠妃Ⅲ」は一話を視聴して置いといたら(溜まってから視聴しようとしていた)、ブロックがかかりました、なのですぐに日本にやって来ることでしょう、楽しみですね。

 

 

このドラマの簡単なあらすじは

 


余声声 は(ネットニュース?)エンタメ記者。自分たちのページが人気がなくなり編集会議で、失くしたほうがいいと議題にあがっています。

そこで起死回生を狙い、人気アイドルグループ「小宇宙」のリーダーの誕生会に乗り込み、リーダー 江熠 の単独インタビューをものにしようと計画します。
江熠は普段からファンにフレンドリーではなく他のメンバーと比べ塩対応が目立つのですが、 声声は誕生日が同じことからそこを狙いまんまと 江熠からのプレゼントに二人での食事のお願いをします。

食事の機会をゲットしますが、ファンを装い計画的に近づいたのがバレ、江熠は当日予約していたレストランに現れません。

一人待ちぼうけをくらってしまう声声ですが、その写真がネットで出回りファンから叩かれてしまった江熠のマネージャーはもう一度会う機会を設けます。

今度は 江熠も現れますが、自分を騙してまで取材しようとしていたし、もともとエンタメ記者をよく思っていない 江熠はひどい態度を取ります。

でも、その事に怒りを表すのではなく冷静に正論で説得してくる声声を見直し、素直にインタビューを受ける 江熠です。

インタビューが終わり帰りのエレベーターで一緒になった二人、その時外の大雨の影響かエレベーターが止まってしまいます。

恐がる 声声をなだめながらエレベーターの回復を待つのですが、突然エレベーターは急降下してしまいます。

気絶した二人が目を覚ますとそこは病院で、お互いに知らない顔に囲まれているのです。

こうして身体が入れ替わった、アイドル歌手とエンタメ記者の恋が始まって行きます。

 

 

このドラマの私の一番は

 

ぜひ男性に体験して欲しい事の一つ、生理を男主 江熠(声声の身体で)が体験するところです。(妊娠もぜひとも体験して欲しい。私は出産より10か月腹に子を抱える妊娠期間をぜひとも男性に体験欲しいと思っております)

 

入れ替わりドラマは割とあると思うのですが、ここをしっかり取り上げてるのがすごいなと思いました。常々華流ドラマの生理の扱いについてはオープンでうらやましいと思っておりましたが、素晴らしい。

(別の記事でも書いたと思いますが、彼氏、旦那がナプキンを買いに行ったり、黒砂糖湯を用意したり、温かくしてとブランケットを渡したり、「我凭本事单身」というドラマでは大学生イケメン彼氏が「君の生理は月末だろ?」と彼女の生理のローテンションを把握している(これ、恋人として大事な事だと思うのです)会話が出てきたり、と本当にサラッと扱われていていいなと思うのです)

このシーンは入れ替わっている 江熠の声声とのやり取りもコミカルでとても可愛らしいくて、本当によかった。江熠が声声の「朝から腹が重く痛い」という電話に、ハッと気づいた後の、すべてを達観したかの表情がとても好き。

入れ替わりものは、演じ手の演技技量が大きく問われると思うのですが、张新成(チャン・シンチョン)さん、演技本当にうまいなぁと、感心します(「以家人之名」の贺子秋役もすごい好きです)。梁洁(リャン・ジェイ)さんもすごくいいです。「双世宠妃」シリーズもそうですが、サバサバとした活発女子がお似合いですね。

 

日本で入れ替えものだとやはり映画「転校生」が浮かびます。そして、だいたいこの作品に敬意を表して、階段から落ちるシーンがあったりします。「パパとムスメの7日間」とか最近だと「天国と地獄」とか(高橋一生さんの演技も妙技でした)。

 

「転校生」は主人公の二人は元に戻ろうという努力はしないんです。二人は葛藤しながらも新たな性を受け入れようとしていく・・・ラストはまた偶然一緒に階段から落ちて元に戻るというストーリーなのですが、やはり入れ替わりもので気になるのは、どうしたら元の身体に戻れるのか?なぜ身体が入れ替わってしまったか?ですよね?。

この作品は、韓ドラの名作「シークレット・ガーデン」をオマージュしていると思われ、その部分のファンタジー要素が大雨とキス、かな?となるのですが、そこはもうひとひねりあり、そこの事実を把握しようとする努力がコミカルに描かれていて可愛く、面白かったです。

ラブシーンも可愛くステキでしたし、江熠の子供時代の辛さの描かれ方も、大袈裟すぎず、でもその辛さがしっかり伝わってきて。

テンポもよく、コミカルで、時にジーンと考えさせられたりと、とてもいいドラマでした。

 

マネージャー役の 安戈 さん、好きです。いつ観ても観ていてホッと、ほんわかするんですよね~。

 

 

 

                      (画像:出典 百度百科)

十二潭  Twelve Legend

f:id:tyotto-manmaru:20210704190434j:plain

 

古力娜扎(グーリー・ナーザー)さん、刘以豪(リウ・イーハオ)さん、主演の民国時代の妖怪(?)ラブファンタジーです。全32話。

 

古力娜扎(グーリー・ナーザー)「擇天記(たくてんき) ~宿命の美少年~ / 择天记」を視聴しました。私は未視聴ですが「十年三月三十日」に出演されてます。グリナザと短く表記されていることも。「擇天記」の時にお人形のような美しいカップルに驚きましたが、大人になられてましたね。今年はたくさん出演作が公開されてます。

刘以豪(リウ・イーハオ)さんはこの前「我亲爱的“小洁癖”」を見たばかり、紹介したばかりですね。えくぼが可愛い甘いマスクの下には、磨き上げられた肉体が!というアンバランスさも魅力の俳優さんです。ドラマ内でのサービスショットに「おおっ」と感嘆せずにはいられませんね(今ドラマではありません、残念ですね←どうでもいい)

 

 

このドラマの簡単なあらすじは

 

金性坚 という石の魔物(妖怪?精霊のほうが近いのかな?)は千年以上一緒に暮らした 夜明 を起こすために魔物の妖力(丹)を集めています。

金性坚は表向きは印章を作り生計を立てていて、近所で友人の洋装のデザイナーの 叶青春 の知り合い 白玉书 の恋人の魚の魔物の 小鱼 の命を助けるかわりに、丹力を半分もらい 10年眠りについていた 夜明を起こします。
起きた 夜明には眠っていた10年の記憶がなく、そのことを訝しむ夜明ですが、金性坚はわけを教えてくれないばかりか、力が全快ではないという理由で地下室に閉じ込めたままにします。

そんな中、夜明は自分の恋人を名乗る 于少白 という男の夢を見ます。夢の中で徐々に10年前の出来事を教えられ、金性坚を不審に思う夜明です。

于少白は実は10年前 夜明の丹力を奪う所を、金性坚に阻止され半分力を奪った所で掛け軸に封印されていたのですが・・・

その過去の事実を 金性坚が話さないため 夜明は于少白の見せる過去と話を信じてしまいます。

この三人の千年に及ぶ過去の愛と対立、人と魔物の恋といった妖怪奇譚のお話となってます。

 

 

このドラマの私の一番は

 

魔物たちの一途な愛情、です。

 

メインの三角関係の他に、魚、青虫、棗(?)、白ネズミ、蝙蝠、猫、蛇、獏、九尾の狐、(忘れている方がいるかも)色々な魔物さんたちが登場してきます。

この方々が実に情が深いのです(棗のおじさん以外)。

恋でなくても、助けられた恩に報いるため、自分のすべてを捧げます。

私の好きなエピソードは、金性坚の印章の大ファンである将軍と蛇の魔物の恋物語です。

元々そんなに力のない魔物だった蛇は弱っている所を金性坚に助けられ、金性坚の本体である印章を(金性坚は自分の本体を8つの印章にしている)貰ったことで人に変身できるようになった魔物で、たまたま迷い込んだ将軍宅で怪異を起こしていたのですが、自分に優しく接してくれる将軍に惚れて行きます。

女好きな将軍は初めはちょっと楽しもうぐらいで、阿弯(蛇)に優しくするのですが、阿弯は自分の言うなりには一切ならないのです。(襲おうとしたら殴られたり)でも、阿弯の正直で飾らない所が気に入り、お金のことしか頭にない三人の妾に愛想を尽かし阿弯と暮らしていこうします。

阿弯の方も将軍の優しさに報いろうとする気持ちが愛情だと思い始めるのですが、正体がバレてしまいます(金性坚の友人である魔物退治屋の  莲玄 がとにかくやらかし続ける人物でして。本当にラストまでいいところがなかった展開⦅脚色⦆に同情すら覚えてしまった・・・)。

本性が蛇と知った将軍は火をつけて殺そうとしてしまいますが、後悔します。正体がバレた阿弯も受け入れてはもらえないと知りながらも、将軍に会いに行き、二人は愛情を確認し合うのですが・・・。

好きだけど蛇の本性をどうしても恐れてしまう将軍、「一緒になろう」というそんな将軍の恐れる気持ちを理解し別れを決意する阿弯。

この二人のエピソードが素敵でした。

 

メインの三角関係は、時間軸がちょっと腑に落ちず(理解はしたもののストンとこない感じ)、人の形をとる前から夜明を見守って来た金性坚、千年前に人型を得て、子供の姿で夜明と暮らし始める(子供の姿なので夜明に弟扱いされるが、嫉妬で夜明に言い寄った男の山を燃やしたりしている)。

夜明、于少白と出会い恋をする(これも千年前ぐらい)。

夜明、戦で死ぬはずだった于少白の命を助ける。

何度もこれを繰り返す。

于少白、蝙蝠の魔物の頭領の力を奪い魔物に。

10年前とうとう夜明の力、夜明珠を半分奪う。

という流れだとは思うんですが、ちょっと言いたいですよね(理解が足りてないのだとは思うが)。

千年は長いね~と。

片思いの金性坚さん、于少白の正体にもう少し早く気づけはしなかったのかしら~。命が無限にあるとはいえ、気が長いわね~と。その間の期間と于少白が事を起こしてからの怒涛の10年の時の流れの違いが、違い過ぎるわ~、でした。

 

金性坚の地下から逃げた夜明が、クラブで歌うシーンがキレイでした。

 

 

                          

                       (画像:出典 百度百科)

Fish upon the sky  ปลาบนฟ้า

f:id:tyotto-manmaru:20210703162653j:plain

 

プウィン・タンサックユーンさんと、ナラウィット・ルートラコム(ポンド)さん主演のラブコメです。全12話。

 

プウィン・タンサックユーンさんは、「Cause You're My Boy」「The Gifted Graduation」というドラマに出演されているようです。

ナラウィット・ルートラコム(ポンド)さんは、新人さんとのこと。

(タイの俳優さんは簡単に調べた範囲での紹介となっていますので、間違いがあるかもしれません。俳優さんの名前はウィキペディアを参考にしております。もっと詳しいブログがたくさんあると思いますので、詳しく知りたい方は調べてみてくださいね~)

 

 

このドラマの簡単なあらすじは

 

Piは高校時代にいじめられて以来、暗い高校時代を送っていました。大学の歯学部に進学してからも、孤立した生活送っていますが、リア充など必要ないとうそぶいています。

そんな時、突然の雨に傘を貸してくれた Mueang Nan に一目惚れしてしまいます。それからはMueang Nanを見たいが一心で彼を追いかけます(ストーカーぎりぎり)。

でも、Mueang Nanの側にはいつも Mork という医学部生がいっしょにいるのです。Mork もMueang Nanのことを狙っていると思い、ライバル視するPiです。

最近様子がおかしい事を心配され、兄 Duenに恋の相談をするのですが、Duenには相手に好かれたいならまず、見た目をなんとかしろと言われてしまいます。

Piは、好きなら見た目なんて関係ないはず、ちゃんと中身を好きになってくれるはず、と反抗します。Duenは、それなら何も言わないしたいようにしろ、自分で気づけとPiを突き放します。

その時SNSでMueang Nanが行きつけのバーに行くと知ったPiは、それを証明してやるとそのバーへいきます。

バーへ行ったはいいが入り口で見た目でバーに入れて貰えないPi。そこへMorkが現れ自分の連れだからと一緒に入ってくれます。

店の中でMueang Nanを見つけて嬉しそうなPiにMorkは一緒に写真を撮ってやるといいます。喜んで写真を撮ってもらうPiですが、その写真をSNSに載せてタグ付けすると、すぐにMueang Nanにこんなダサいやつ似合わないと、批判がいっぱい寄せられます。

PiはMorkが自分に恥をかかせるためにわざと写真を撮ったと怒りをぶつけます。

そんなつもりは全くなく、ただPiを喜ばせたかったMorkはショックを受けます。

そして、今日一日見た目がダサいと馬鹿にされ、高校時代のいじめも思い出したPiは自分を変える事を決意します。

大学に入ってから友達は一人もいないPiですが、「隣の学部の人」という顔もわからないチャット相手がいます。実はこの相手がMorkで(ちょっと存在を隠した相手という演出ですがすぐわかるので)MorkはずっとPiに片思いしているのです。

Mueang Nanのために眼鏡を外し、歯の矯正を取り、ヘアスタイルを変えて(もともとスタイルがいいので)今どきの若者に変身した、PiとMorkの恋の様子が描かれていきます。

 

 

このドラマの私の一番は

 

「俺は堂々としていたいんだ。周りの目なんか気にしないでお前を愛したい。恋しくなったら抱きしめたい、疲れた時にはキスしたい、誰も気にせず手を繋ぎたい。でも選ぶのはお前だ。お前がどうしたいか決めてくれ」(自動翻訳さんのセリフを少し変えました、セリフの内容は合っていると思います)です。

 

Piに片思いしていたMorkは、初めは友達でもいいから仲良くなりたいと思い、Piに接しています。が、恋のライバルだと思い込んでるPiのため、距離を詰められないでいるのです(反応が可愛いのでついからかってしまっているMorkのせいでもあるので自業自得の面も)。

そんなMorkの一途で真剣な思いがやっとこさ伝わり(Piもストーカーギリギリ行為ですが、Morkさんはもう完全にストーキングじゃない?という見守りでPiを見つめていらっしゃいます)

そんなMorkの熱い思いが実り付き合うことになる二人ですが、人気者のMorkに対して、自分に自信がなく、釣り合わないと他人の目を強く気にしてしまうPiは、付き合うことを公にするのを嫌がり秘密に(バレバレなのですが)してくれと言います。

Piのしたいようにそれに付き合うMorkですが、二人のファンに写真を撮られSNSに載せられてしまい、また批判を受けるPi。またすっかり自信を失くしてしまいます。

そんなPiに対して、Morkが自分の思いを伝えるセリフなのですが、ストレートな強い言葉、思いに「ギャーっ」カッコイイ、ステキ過ぎるとなってしまいました。

全体にコミカルな展開で、Piの抱える劣等感にどっぷり浸かる演出ではないので、Piの頑なさにちょっとMorkが可哀想になってしまうのですが、Pi自身も自分の弱さをちゃんと理解していて、励ますMorkに、「俺は弱くて、他人の事ばっか気にしいで、なんでもネガティブに考えてしまう。でも、どうしようもないんだ、お前のように強くないんだ」と気持ちを吐露するシーンではホロリとなってしまう。

日本ではここまで一般人がSNSに追い回される(学校での人気者が芸能人の様)ことはないとは思うのですが、SNS社会に生きる若者の生きづらさを考んがえちゃいましたね。

(タイドラの本数を少しこなしてきた私のあるあるの一つ。ゲイのカップルを追いかける腐女子(男子)たちがほぼいる。個性強いナイスキャラ多し)

 

ラストの風船のシーンはとてもステキでした。

Piに自信を持ってもらおうと協力するお兄ちゃんたちもナイス、Morkの再度の告白も、PiのMorkに対する思いも、沢山の風船に囲まれて・・・キレイなシーンでした。

最後にもう一つ、Morkに思いを寄せている友人 Bam役のプローイションプー・スパサップ(ジャン)さんという女優さんがいらっしゃるのですが、何本かのドラマでお見かけしていて、どのドラマでも美人なのにはち切れた演技を披露されていて、とても好きです。

月光变奏曲  Moonlight

f:id:tyotto-manmaru:20210627152406j:plain

 

虞书欣(ユー・シューシン)さんと、丁禹兮(ディン・ユーシー)さん、主演のお仕事&恋愛ドラマです。全36話。

 

虞书欣(ユー・シューシン)さん、「若様!私がお守りします / 少主且慢行」を視聴しました。「私の妖怪彼氏2」「働く女子流ワタシ探し」などにも出演されてます(未視聴です)。

丁禹兮(ディン・ユーシー)さん、「笑傲江湖」「韫色过浓」を視聴しました。「传闻中的陈芊芊」に主演されてました。私はリタイアしてしまったドラマですが「花の都に虎(とら)われて~」とすごい邦題で日本上陸してます。

 

 

このドラマの簡単なあらすじは

 

初礼 は憧れの出版社元月社に入社したくて上海にやってきます。面接に行きますが(飛び込み?)あっさり断られしまう初礼です。諦めきれない 初礼は去り際に自分のまとめたレポートを編集長の 于姚 に手渡していきます。

初礼がメル友の”消失的狐狸君”とチャットをしていると元月出版社から電話がかかってきて慌てて戻ることに。

出版社に戻った 初礼はチャンスを貰えたかと思っていたのですが、提出したレポートは母親(上海での就職に反対している)がすり替えたもので、于姚はそれを持って帰りなさいとハッキリ言います。

落ち込みながら出版社を去ろうとしていた時、出口で 于姚が大手出版社の 顾白芷と契約大物作家のことでもめていました。

そのやり取りを聞いていた 初礼は 顾白芷の言い分の間違いを指摘し、そのことで 于姚を救った事に。そして、インターンをさせてもらえることになります。

夢がかなった 初礼は大喜びです。

元月出版社の一員になった 初礼の初めての仕事は 昼川 という人気作家の次の本の契約をもらうことになります。

会ってくれない 昼川にあの手この手で会おうと試みる 初礼です。そして、やっと顔を合わすことになるのですが、昼川は上海に来た日に自分から夏目漱石の希少本を奪った相手で、その後も何度か遭遇した、顔はいいが中身は最悪と文句を言っていた相手だったのです。

実はこの 昼川、三年もやり取りしている”消失的狐狸君”でもあり、昼川のほうは早くに 初礼がメル友の”猴子请来的水牢”だと気づき、この事で 初礼に対しての見る目が変わり、初礼が編集者として的確な意見を言っている事、そしてなにより自分の書いた本と作家の自分を大事にしてくれていることに気づきます。

こうして、編集者と担当作家となった二人のお仕事と恋が始まって行きます・・・

 

 

このドラマの私の一番は

 

「月が綺麗ですね」です。

 

編集者と作家のこのお二人が、この「月が綺麗ですね」を使った愛情表現的なやり取りをするシーンがございます。

これは、夏目漱石さんが英語教師をしていた時に、生徒が「i love you」を「我、君を愛す」と直訳したのに対して、「日本人はそんなことは言わない『月が綺麗ですね』ぐらいに訳しなさい」と言ったとか言わなかったとか、という逸話から(実話だと思っていたが、本当だったかはわからないそう・・・)

比喩的表現が好まれる、奥ゆかしい、日本人の心をよく表している、素晴らしい表現として知られている言葉なのです。

私ぐらいの方は知っているが、若い世代は知らないだろうし、夏目漱石の言葉と知っていても、どこかの作品に使われていると思う人もいるだろうと思います。

私世代は国語の先生がまるで自分の言葉のように、この表現の美しさを語ったものですが・・・(そんなことないですか?)。今ならこの美しさに心も動きますが、生徒だった(太古の)時代は、「分かりづらっ、遠い、遠回り過ぎる」とおもったもんです。

そう、日本人ももうすっかり忘れている(そんなことはない?)この美しい表現を使って、二人が愛の表現をするのですが。

最初のやりとりは、昼川のポロっと出ちゃった「今夜は月が綺麗だね」に初礼が過剰反応。「これって、深い意味があるんじゃないの?、もしや私に告白?」と。この時点で昼川先生はかなり初礼に惹かれているのですが、誤魔化します。初礼も「そうね、天気のことよね」と。

二度目は完全に気持ちは通じ合ったがハッキリとお互い言葉には出さなかった場面で、初礼がメールを送ります。「今夜は月が綺麗だね」と。これは初礼は「我爱你」という気持ちを送ったのですが、昼川先生は無視。「句読点でもいいから返事をして」と送ると「。」と送り返してきます。

これの返事に初礼は???。「意味が分らなかった?それとも意味が分って『。』なら終わりってこと?」となり。

愛の告白はやはり婉曲的な表現ではなく直球がいいね、となる微笑ましいやり取り。この可愛らしいやり取りなんですが、そもそも「月が綺麗だね」=「i love you」ということが、このドラマのターゲット層であろう中国の若者世代が知っているのだろうか?(日本の若者も知っているだろうか?)と、なんとも不思議な感覚になりました。(中国では夏目漱石の逸話として有名なのかしら?)

 

ドラマは、お仕事ラインも、スピーディーな展開で、新人編集者が本への情熱と愛で、売り上げのことばっかりなってしまった先輩たちに初心を思い出せるという、純粋さが光ってました。

昼川先生のジャンルが、伝統をふまえた古装ファンタジーといったジャンルのようで、抱きあわせではないが、グッズやコスプレなど売り出し方の戦略の部分など興味深かかったです。

ラブラインは言うことなしに可愛い。初礼ちゃんがあざとカワイく、(中の虞书欣さんのあざとカワイイなのかもですが)、嫌なタイプではなく(これは好き嫌いがあるのかもしれないかな?)出来る子がちゃんと使い分けてるあざとさで。

主役カップルのやりとりは微笑ましい限りです。

サブカップルの昼川の幼馴染 江与诚と 顾白芷の元サヤ大人カップルの恋も良かったです。

お仕事と恋のバランスがよく楽しいドラマでした。

 

 

                      (画像:出典 百度百科)