ドラマ大好き

主にアジア(華流)ドラマの感想と、簡単なあらすじを書いています。ネタバレを含みますので、ご注意ください。

我曾记得那男孩 Remember My Boy

f:id:tyotto-manmaru:20210401121211j:plain

 

周柯宇(ゾ・クーウィ)さん、朱林雨さん主演の青春恋愛ドラマです。全24話。

 

周柯宇(ゾ・クーウィ)さん、BESTというアイドルグループの方です。また、後でも触れますが、只今私が夢中になっている「創造営2021」に出演中。

このドラマ、このBESTのメンバーが皆さん出演されています。BESTだけではなく出演者が 嘉行新悦 という芸能事務所の方ばかりで、女主 朱林雨さんも、同じ事務所の方です。

この事務所のドラマなんですかね?まったくわからないですが(また、ちゃんと調べてもいないので・・・。情報薄いので流して下さい~)

 

 

このドラマの簡単なあらすじは

 

高校一年生に進級して新しい学校へ向かう途中で 周静芒 はよそ見をして自転車を運転中目の前にあるトラックにぶつかりそうになります。

それを通りかかった 章扬 が助けてくれるのですが、いきなり襟首を後ろから掴まれたため、「なにするの!」と言ってしまいます。章扬もその言葉を聞き掴んでいた手を離してしまうので、周静芒はトラックにぶつかって怪我をしてしまいます。

痛がる周静芒を横目にその場を去ってしまう章扬です。

何とか周静芒は高校へ着きます。着くとバスケットコートが賑やかなことに興味を引かれ見に行き、プレーしている上手い選手に目を奪われますが、それが章扬だと気づき驚きの声をあげてしまいます。

その声で注目されてしまいコソコソと教室に向かう周静芒です。

教室で先生に後ろの寝ている生徒を起こすように言われ、起こすと、顔あげた男の子は章扬でした。

と、その後も何かと縁のある二人とお話は始まります。。。

 

 

真面目で引っ込み思案な女の子 周静芒 が、あまり協調性のないクールなイケメン 章扬 に惹かれ、章扬のためなら、自分でも以外な行動力が出て、そのことで目立ってしまったり、先生に目をつけられてしまうことに戸惑い、立ち止まりながらも、自分の夢と恋に向き合っていく高校生時代が一年生から三年生とゆっくり描かれています。

高校時代が2007年から始まり、各話のラストに2015年の成長した周静芒たちの様子がちょっとづつ挟み込まれているのですが、この短い五年後では、周静芒と章扬はいっしょにはいなくて、高校生活の後何らかの別れが示唆されています。

本編の歩みと同じように、こちらも何故がゆっくりと分る様になります。

2015年で再び出会う二人なのですが、章扬のほうは周静芒を拒否します。

でも大人になった周静芒は高校生の時と違い積極的に自分の気持ちを表すのです。その様子が良かったです。

高校時代の初恋に焦点が当たっており、大人になった二人のやり取りはギュッと詰まった見せ方で、物足りない感じは否めないですが、とにかく若い役者さんたちの若さの塊といったドラマでした。

ただ、二人の別れの原因がほぼセリフでの説明となっていまして、中々の事件なのにこの取り上げ方は勿体ない・・・と思ってしまいました。

 

内容だけでなく、すべてにおいて若さ溢れるフレッシュな仕上がりでした。役者さんたちがまだまだこれから、がんばって~と。

 

で、この前も触れたのですが「創造営2021」!

男主 周柯宇(ゾ・クーウィ)さんが出演されていて、ドラマとこのリアルの青春ドラマがシンクロしてしまい、ただただ章扬を応援しながらドラマを観た。。。という。

 

周柯宇(ゾ・クーウィ)さんは、高身長のイケメン、推しているファンも多いことでしょう。もうたぶんデビュー決まったんじゃない?と思って観てます。

 

今日の放送で二回目のファン投票の結果が分かりますね~楽しみにしてます。ドキドキします。また夜中に素晴らしいスピーチを聞きながら号泣していると・・・。

 

私は初めてこういったアイドルのオーディション番組を見ているので、他を知らないのでどの番組もこんなに感動的なのかな?と思ったりしてます。

この番組は演出というか、生の研修生活の切り取りの編集というのか、その作りがとても暖かいのです。やはり、最終的にはデビューできる人数は11人。90人から始まりどんどん淘汰されていくので、ライバル心むき出しのギスギスした感じがあるのかと思っていたのですが、そういう感じは一切ないんです。

(第二公演に向けてのチーム戦でちょっとギスギスした雰囲気を取り上げたりしたのですが、ここもちゃんと見続けると、仲直りのハグのシーンが映ったり。)

とにかく研修生同士の仲が良い雰囲気がダイレクトで伝わってくるのです。公演の仲間のやり取りはもちろん、別グループの公演を心から楽しみ、応援している様子が本当に素晴らしい。他人と協調して助け合い、自己を高めていく姿、これぞラブ&ピース。

 

そして、その公演の一つ一つがどれもみんな素晴らしく、音楽を楽しんでいる様子がステキすぎる。その公演を作り上げる過程から舞台まで、本当に素晴らしいドラマとなっているのです。

 日本の研修生も中国の研修生もタイの研修生もロシアの研修生も、もう外れなし。みんなデビューしてほしい(母の目線なので、もうみんな可愛いくて、立派)。

そして、老師として参加している、周深さん(歌の先生として参加。華流ドラマのOSTなどいっぱい歌われている、すごい歌手の方。言語もたくさん喋れるそうで日本語もおわかりに)と、アンバーさん(ダンスの先生として参加。元f(x)のメンバーさん)の授業が楽しそうだったり、その他の老師方のコメントも感動します。

 

ドラマでも章扬くんがダンスオーディション受けたりするので、シンクロ度が高くて。もうぜひ両方見て下さい。

時間がない方はまず、「創造営」をご覧ください。

 

私はドラマでも、映画でも、舞台でも、美術でも、すごくドシンとくると(感動すると)、心のドアが開くというか、感受性が解放されるというか、こう居ても立っても居られない、という感じになってしまうのです(なんとなく通じればいいのですが・・・分かりずらくてスイマセン)。

そして、その気持ちを満たすために「暖暖,请多指教」をまたリピートしてます。

「創造営2021」を、涙をながして去って行く、若者たちにも素晴らしい未来が続いて行きますようにと・・・。

そして、一話で涙を流しながらステージで踊る 暖暖 に涙し、韩彻 何様なの?勝手に人様の夢を奪うなんてサイテーと罵っています(大丈夫?私?)。

 

 

 

                   (画像:出典 百度百科)