ドラマ大好き

主にアジア(華流)ドラマの感想と、簡単なあらすじを書いています。ネタバレを含みますので、ご注意ください。

Theory of Love セオリー・オブ・ラブ + 特別編 + Our Skyy

f:id:tyotto-manmaru:20210716150054j:plain

 

アタパン・プーンサワット(ガン)さん、ジュンポン・アドゥンキッティポーン(オフ)さん、主演の恋愛ドラマです。全12話+ 特別編 スタンドバイミー + Our Skyy(オムニバスの中の一話)。

 

GMM四天王作品の最後の作品です。

「2gether」のブライト×ウィン、「SOTUS」のクリス×シントー、「Dark Blue Kiss」のテー×ニュウ、「Theory of Love」のオフ×ガン、と制覇させて頂きました。どの俳優さん達もGMMTVさんのこのドラマが切っ掛けでデビュー、または有名になった俳優さんです。

でも、アタパン・プーンサワット(ガン)さんは10歳から子役をしていらっしゃるとのことでみなさんよりちょっと芸歴が長いそうです。

GMMTVさんが、朝日テレビと業務提携(?違うかも?)を発表し、今日本では「GMMTV EXHIBITION in JAPAN」という展覧会が開かれていますね(まだ、大阪、名古屋はこれからみたいです。近くだったら行ってみたいわ~)。タイドラマ人気のすごさを実感できますね(タイ沼・・・さすが沼ね。底がない)。

 

 

あらすじ本当に簡単に

 

サード は映画専攻科に通う大学3年生。いつもトゥ、ボーン、カイという仲間といっしょに過ごしています。

4人でとても仲がいいのですが、サードは実は入学間もないころから カイ に惚れていてその気持ちを隠しているのです。

そんなサードの気持ちなど知らないカイは大学でも有名な遊び人で、可愛い女の子をみれば声をかけるのですがすぐに飽き、別れる時はサードを使ったりするひどい男なのです。

そんなカイに振り回され、いつも一人泣くことになる片思いに終止符を打つ決心をして、告白するサードですが・・・。

その告白に気づかずカイは彼女と別れたばかりの自分を慰めてくれたと勘違いします。もう告白するのも止め、諦めようとするサードでしたが、カイを好きなことをトゥに知られてしまいます。

そしてトゥは、応援するから頑張れ、と後押ししてくれるのです。

トゥの助けもあり同居生活が出来る様になったサードですが、カイは相変わらず女にだらしがなくて、気持ちを伝えるどころかかえって傷つくことに・・・

と親友という関係を壊して、二人が恋人になるまでが描かれています。

 

 

私のこのドラマの一番は

 

一途なサードの可愛さと強さ、です。

 

まず、とても素敵なサードくんがなぜカイに惚れたのか?と思わないではいられないほど、カイがサイテー男なんですよね。

女関係がサイテーなだけで、仲間には最高なのかと思いきや、親友としてのサードにもかなりサイテー男なんですよ。私はこんな友人は嫌だなと、いや友人にはならないだろうと思っちゃいましたよ。

もちろんいい所もあるのですが、前半のドラマの中ではあまりカイの良さが描かれてなくて、本当にひたむきなサードくんが可哀想で、可哀そうで・・・。

そして、サードの気持ちを知ったカイが、これからも親友のままでいたいと取った行動がですね・・・

恋愛ドラマの王道の冷たく突き放すという展開ではあるのですが、この行動をとられたら、親友としても無理ですよね・・・という行動でですね(私はとても無理だなと)。

すごい女好きですからね、それは悩みます。カイくんも彼女とすることをサードとするとイメトレにチャレンジしたり色々悩みます。

でも、悩んだ末の行動がひどかったため、サードもさすがに自分の気持ちを吹っ切ります。

親友としても微妙な空気感になってしまった二人、そして突き放されてやっとカイはサードへの気持ちを自覚するのですが。

この今度はカイがサードを追いかける展開になってからのサードくんの強さが、カッコよっかったです。

カイの酷いところも分かったうえで3年片思いをしていたんですよ。泣かされても泣かされても好きな気持ちが勝っていたのに、仲直りしたいカイを撥ねつけます。

それでもあきらめないカイの気持ちが最後はサードに届く・・・この展開が良かった。

じゃなきゃ、心配でたまりませんよね。

いや、女好き(浮気性)って治りませんからね。カイがただの軽い男から、人して成長して本当の愛を学べて本当によかったなと、思いました~。

恋人関係になってからは、しっかりもののサードがしっかり手綱を握って、カイが甘える関係に。でもカイも記念日とかはちゃんと押さえてて、サードを喜ばせる。

「スタンドバイミー」で5年のアニバーサリーでの指輪のプレゼントに涙するサードがとても綺麗でした(さすが、元プレーボーイ、押さえるとこちゃんと押さえてるわ~)。

 

こちら、原作が「2gether」の JittiRainさん。ちなみにこの前感想を載せさせていただいた「Fish upon the sky」もそうなのです。3作ともドラマではラブコメ要素の強い、純愛胸キュンドラマとなってますが、「2gether」の原作を読みましたからね。

原作ではサラタイはもう完全な大人カップルでしたので。

この2作も原作では違った一面をみせているのでしょうか?とちょっと原作が気になってしまいますね。